息子(3歳)がヘルパンギーナ・手足口病に

【(発熱)1日目】
金曜の朝、保育園に行く前に体温を測ると38.2度。
もしかして、2日前に2回目の日本脳炎の予防接種を受けた副反応かな?と思ったりもしたのですが、
とりあえず半日ほど様子を見て熱が下がらなかったら夕方お医者さんへ行こうと思ってました。
保育園に「熱が出たのでお休みします」と電話をすると、保育士さんから「手足口病」などの夏風邪が流行ってるとのこと。

そういえば、朝ごはんを食べてる時に息子が「お口が痛い」と言ってたので、もしかして手足口病?でも手や足には湿疹が出てないし・・。

その後、1時間ほど経ってもう一度熱を測ってみると、39度オーバー。

これはヤバイと思って、お医者さんへ。
先生にお口の中を見てもらうと、「お口の中にブツブツができている、これはヘルパンギーナですね。夏風邪です」とのこと。
今「ヘルパンギーナ」や「手足口病」という夏風邪が流行ってて、どちらも同じウィルス(感染症)だそうです。

「ウィルス性の風邪なので治すお薬がない」とのことで、熱を下げる&痛みを緩和するお薬だけ処方してもらいました。

病院から帰ると、息子はぐったりした様子で速攻寝てしまいました。
その日は、2時間くらい寝て少し起きての繰り返し。でも起きると「口が痛い~」と半ベソ。口の中のブツブツが痛いみたいで朝よりも悪化した様子。
脱水症状に気をつけて、イチゴミルクやゼリードリンクなどを飲ませてました。
(お水や麦茶だとあまり飲まないので・・)

 

★ちょっとここでお得な情報を★

各種レジャースポットの割引クーポンがもらえます!

プール、映画館、遊園地、水族館などなど...子連れで行きたいスポットが多数!

方法はカンタンです!yahoo関連サービスのここに登録するだけ。
↓ ↓ ↓

割引クーポンはここでGET!
デイリープラス

登録から2ヶ月無料なので、絶対お得ですよ♪

 

【2日目】
次の日の朝は、夕方飲ませた熱を下げる薬を飲ませたせいか37度台に収まってたんですが口の中が痛いらしく食欲もない感じでした。
この日は、保育園の夏祭りの日で息子が楽しみにしていた日でもあります。
「○○ちゃんにあいたい~、太鼓がみたい~」と半ベソの息子に
「お風邪ひいてるから行けないよ、今日は行けないけどお風邪が治ったら別の夏祭りに行こうね」
などと宥めるのに苦労しました。。

【3日目】
翌々日の朝は、だいぶ元気になった様子で、「口が痛い~」もあまり言わなくなり回復に向かっている様子。
食欲も戻ってきたようで、「卵入りのおじや」を結構食べてくれました。
お昼くらいにはもう完全復活というくらい元気で、熱も平熱くらいまで下がりました。
回復が早くて良かったです。

【4日目】
もう熱は平熱で、朝ごはんもしっかり食べるようになり「お口が痛い」は言わなくなりました。
でも・・手の甲になにやらブツブツが・・そのブツブツは赤くはなく、小さな突起物がポツポツと。
で、足を見てみると・・足の裏に赤い斑点が!
「あれ?昨日までなかったのに・・これは手足口病?」
でも痒そうな感じではなかったです。
結局、最初から手足口病だったのか、ヘルパンギーナと手足口病を同時発症したのかよくわかりません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

return top