保土ヶ谷公園(横浜)・子どもと行くおすすめスポット

水遊び!保土ヶ谷公園噴水広場

★保土ヶ谷公園★

 
十数年ぶりに保土ヶ谷公園へ。もちろん息子を連れて行くのは初めて。
独身の頃と子供がいる今では、見方も違うし世界も違う。
「あれ?こんなところに遊具があったんだ?」とか「このトイレにはオムツ替えの台がない!」とか
独身の頃とはまた違った保土ヶ谷公園を家族で満喫できました。
保土ヶ谷公園噴水広場前の花壇・チューリップが綺麗
 
◆噴水広場
ここの噴水広場は遊べます!
息子のペン太が一番盛り上がった場所です。
正面から見える「滝」の中をくぐる通路があるのですが、
ペン太はこの通路を行ったり来たりで大興奮!
水しぶきが少しかかったりするのですが、それがまたいいのかもしれません。
滝の表側は、水しぶきが上がって太陽の日差し加減で水しぶきに虹ができたりして綺麗です。
保土ヶ谷公園噴水広場を正面から撮影
暑い夏場にこの滝の中の通路を通ると涼しくて気持ち良さそうです。
滝の中を走り抜ける3歳児
滝の内側から見ると、水がカーテンの様になってます。
水のカーテンの中の様子
★★動画もごらんください。

 
池の周りも人が座れる様になっていて、ここでぼーっとのんびりすごす人も多いです。
うちのペン太は走りまわってましたが。
子供連れにも、カップルのデートにもおすすめのスポットです。
噴水広場の周りを走って遊ぶ3歳児
滝の水源は、下の写真のココです。
中央に見えるのが「かながわアートホール」です。
かながわアートホール正面
かながわアートホールの建物内には、レストランがあります。
かながわアートホールレストラン
 
◆遊具広場
噴水広場の前の遊歩道を歩いて行くと(噴水広場に向かって右側の道)遊具のある広場に行きます。
回転滑り台、ブランコ、お砂場があります。
遊具広場の回転滑り台
3歳になる前までは散々遊んだブランコに興味を示さなくなってしまったペン太。
遊びすぎて飽きたのか・・?
ブランコ
ここの場所はペン太がすぐ飽きてしまったので、もう少し先にもあるアスレチック遊具広場へ遊具広場のお砂場
 
◆アスレチック遊具広場
ここの場所は結構遊具設備が整っていてかなり遊べます。
石のすべり台があるのですが、結構すべりが良いです。ダンボールをオシリ敷いたりして滑っても面白いかもしれません。
うちのペン太は、こんなワイドなすべり台にもかかわらず、端っこを滑ります(笑)
幅の広い石の滑り台
小さい幼児でも遊べるアスレチック遊具です。小さい子に人気でした。
遊具広場のアスレチック
こんな大型の複合遊具もあって、小学生くらいの子供にも人気でした。
かなり遊べる複合遊具網の橋を渡る子供達
ペン太は、このパイプ管電話でも盛り上がりました。
「だれかいますかーー??」「パパしゃべって~」もう散々つき合わされました。。
楽しいパイプ電話
小さい子どもでも楽しめるミニすべり台もあります。
幼児用の滑り台
ターザンロープもあります。まだペン太には無理です。4歳くらいになればできる様になるのかな?
保土ヶ谷公園のターザンロープ
 
◆ピクニック広場
アスレチック遊具の隣には、芝生の広場があります。
シートやテントを張ってのんびりできそうです。
ここでボール遊びをすると、ボールが転がっていってしまいそう。
芝生のピクニック広場
 
◆売店(噴水広場隣)
うどん、そば、パスタ、カレー、フライドポテト、アメリカンドッグ、ホットドッグ、ソフトクリーム、ジュースなどが販売されています。
あと、土日限定の「あげパンセット」や神奈川県産の「どんぐり茶」も販売されています。
「どんぐり茶」なんてあるんだぁ・・と初めて知りました。
売店(噴水広場隣)どんぐり茶を販売
 
◆駐車場
1時間210円 以降30分ごとに110円
1日上限最大1030円
噴水広場や遊具広場で遊ぶならB駐車場が近いです。
保土ヶ谷公園駐車場
 
◆地図
住所:横浜市保土ケ谷区花見台4-2

保土ヶ谷公園へ行ってきました感想・体験・口コミレポート

27年間、大手企業に勤めた後に独立したアラフィフパパです。現在はペン母と共に育児・家事をこなしながら、子供向けの知育アニメを制作したりしています。最近は、家族で遊ぶことと、何気ない日常をカメラで撮影することにハマり中!youtubeチャンネルもよろしくお願いします!→fumikiri channel

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事



return top