子供→喜ぶ、パパママ→楽しい。

わくわく子育て研究所

子連れ歓迎の宿・ホテル

ホテルエピナール那須は子連れ旅行に最適!【写真付き・体験レポート】

更新日:

毎年、ペン母の両親を連れて3世代旅行をするのですが、
今回は栃木県の那須塩原に行ってきました。

今回泊まることにしたのが、「ホテル・エピナール那須」。
雑誌などで子連れ旅行の特集を見ていると、
必ずと言っていいほど取り上げられているホテルです。

親子が楽しそうにしている写真付きで紹介されているので、
どんなホテルなんだろう…と、期待大!で向かいました。

チェックインする前に、那須に新しく出来た
「藤城清治美術館」に行こうということになり、
そちらに寄ってからホテルへ。

ホテル外観

16時過ぎのチェックインし、部屋に通されました。
予約したのは「絆ファミリールーム」という和洋室のお部屋。

ホテルエピナール那須のお部屋

4名までの宿泊が可能で、ペン太を入れて5名だったのですが、
幼児布団なし、だったので大丈夫でした。

思ったより広々としていて、まだ新しい素敵なお部屋でした!
和と洋風がミックスされた、「和モダン」な雰囲気。
和洋室って、ペン母は大好きです。

ホテルエピナール那須のベッド

ホテルエピナール那須

ペン太も喜んで、早速ベッドでゴロンゴロン。

ホテルエピナール那須

部屋で少し休憩したあと、まずは温泉へ。
お部屋にもお風呂は付いていましたが、今回は入らずでした。
が、洗面所もモダンでお洒落でした!

絆ルームのお部屋
温泉の写真はさすがに撮れなかったのですが、
内風呂と露天風呂も広々とした、ムードある温泉でした。

ペン太はじぃじとペン父に任せて(ニヤリ)、
ペン母は実の母親と一緒にのんびりと。

そして、お風呂の後は・・・楽しみしていた!
夕食バイキングです。

ホテルエピナール那須の夜ごはん

いや~、これがすごかった!

表現力が乏しくて申し訳ないですが、
とにかくスゴイというのが一番ぴったりくるので、
使わせてもらいます。

何がスゴイって、

・料理の品数、ボリュームがすごい!
・会場の広さ、テーブルの多さがすごい!
・こども用バイキングが立派ですごい!
・平日なのに、人が多く賑わっていてすごい!
・料理の種類だけでなく、味もめちゃめちゃ美味しいのがすごい!

とにかく、お世辞抜きで、庶民のバイキングとしては、
日本でかなり上位に入るクォリティなんではない?と思わせる程、
レベルが高かったんです。
とりあえず、バイキングの写真をいくつかご紹介。
(載せきれない程の種類があるので、ほんの一部です)

ホテルエピナール那須のバイキング

ホテルエピナール那須のバイキング

ペン母、若い頃から国内・海外問わず、
けっこうな数のホテルのバイキングを食べていますが、
その中でも1~2位を争う程。

ホテルエピナール那須のバイキング

ここのホテルがテレビや雑誌でよく取り上げられるのも頷けます。
広報宣伝の効果もあるでしょうが、中身が良くなければ、
お客さんは離れていってしまいますものね。

それから、何より感激したのがこども専用のバイキング!

今まで泊まったことのあるホテルにも、
子供専用のスペースはあったりしましたが、
ここは、きちんと小さい子用に考えられていました。

ホテルエピナール那須の子供用バイキング
まず、スペースが大人用と別の場所にきちんと確保されていましたし、
子供が自分で取りに行けるよう、かなり低いテーブルにお皿が並べられていて、
種類も離乳食から普通食まで豊富。

子供用のバイキング料理

ホテルエピナール那須の子供用バイキング

ホテルエピナール那須の子供専用バイキングウチのペン太はまだ絶対こぼすので、自分で取りに行かせませんでしたが、
もう少し大きくなれば、きっとめちゃめちゃテンション上がっちゃうんだろうな。

それから、ホテルエピナール那須のバイキング用レストランは、
1ヶ所大きな場所と、もうひと部屋の中くらいの場所に分かれていました。

雰囲気がちょっと違うのですが、私たちが座ったのは中くらいの方。
こちらが小さい子供連れのファミリー向けになっていて、
他にも子連れのお客さんがたくさん食事をしていたので、自然とそっちに席を確保しました。

 

★ちょっとここでお得な情報を★

各種レジャースポットの割引クーポンがもらえます!

プール、映画館、遊園地、水族館などなど...子連れで行きたいスポットが多数!

方法はカンタンです!yahoo関連サービスのここに登録するだけ。
↓ ↓ ↓

割引クーポンはここでGET!
デイリープラス

登録から2ヶ月無料なので、絶対お得ですよ♪

ホテルエピナール那須のバイキング

平日なのに割と混んでいましたが、並んで待つ程の混雑ではなく、
すぐに入れましたし、席も決まっている訳ではなく、自分達で選べます。

私たちが座った、ファミリー向けの方には和食中心のバイキング。
それから、こども専用のバイキングがありました。

ホテルエピナール那須のバイキング

大きな場所の方は、洋食やらサラダやらフルーツやら、
とにかくたくさんの料理が並んでいました。
大きな場所と中くらいの場所はもちろんすぐ近くで繋がっていて、
両方にバイキングがセットされているのも驚きでした。
ホテルエピナール那須のバイキングさらにさらに!
泊まった日はちょうど、ペン母の父親(ペンじぃじ)の誕生日だったのですが、
予約時に伝えておかなかったのにも関わらず、特別デザートを出してもらっちゃいました!

ホテルエピナール那須でお誕生日

実は、そんなサプライズがあることを知らずに予約したのですが、
近くの席に座っていた子連れ4人家族がパパのお誕生日お祝いをスタッフにしてもらっているのを見て、
私もスタッフさんに「実は父の誕生日で・・・」とダメ元で言ってみたんです。

そしたら、Happy Birthday とチョコペンで書かれたお皿にスィーツを盛って、
みんなでハッピーバースデーを歌ってお祝いしてくれました♪

ミニバルーンももらって、ペン太はもちろん大喜び。
突然だったのにも関わらず、機転を利かせて頂いて、素敵な思い出になりました!

その夜は、お腹がはち切れそうな程食べて、
久しぶりに食べ過ぎたことを後悔したくらい、気持ち悪くなるまで詰め込みました^^;
それくらい味も良かったです。

夜は、じぃじとばぁばは畳の部屋に布団を敷いて、
ペン太はその間で眠りました、
ふかふかで清潔で気持ちよく眠れました♪

ホテルエピナール那須の布団

朝、早く起きて温泉に入り、お腹が減った所で朝食バイキング会場へ!
朝は夜ほどの品数ではなかったですが、朝らしいメニューがたくさん並んでいて、
またもや食欲が炸裂しちゃいました。
会場はこんな雰囲気 ↓

ホテルエピナール那須の朝食

楽天トラベルの朝ごはん投票で、ホテルエピナール那須のフレンチトーストが1位になったそうです。
右のお皿に3つ載っているのがそのフレンチトースト
ふわふわで、香ばしくて、ほどよい甘さ。
ブルーベリージャムやヨーグルトを添えて頂きました♪

ホテルエピナール那須の朝食

それから、写真上にある「おむすび」も、美味しかったです。
那須味噌が載っていて、その場で握ってくれます。
このおむすびも「楽天トラベル朝ごはん(お米部門)」で、2012年には1位だったんですって!

ペン太もモシャモシャお口に放り込んでました↓

ホテルエピナール那須の朝食

お腹もいっぱいになり、大満足で朝食会場を出た後、
ホテル内のロビーで野菜の直売を発見!

ホテルエピナール那須のロビー

見ていたら、販売のおじさんが桃を1つくれました。
ペン太に渡したら、グチャグチャになってましたが(汗)。
結局、我が家はりんごをおみやげに買いました♪
ロビーにはなぜかストラーダーが置いてあったり(レンタルかな)。

ホテルエピナール那須のロビーで

ちょうどハロウィンの前だったので、お化けの飾りがロビー内にいろいろありました。

ホテルエピナール那須のハロウィン

ほんと、ホテルエピナール那須は、家族で泊まるには最高のホテルでした!
部屋も良くて、温泉も良くて、スタッフも良くて、ゴハンも良い。
後は設備かな?

今回は利用しなかったのですが、大きなプールやちょっとしたゲームセンターがありました。

ホテルエピナール那須のゲームセンター
午後は温水プールで、親子連れがけっこう泳いでいましたよ。
日帰りでも利用できるプールみたいなので、地元の人が多かったのかな。

ひとつ欲を言えば、小さい子向けのキッズルームがあれば
もっと嬉しかったですが…。
ホテルグリーンプラザ軽井沢にあったような、
無料か安いキッズルームは3歳未満の子連れにはけっこう便利なので。

でも、これだけ充実している大型の子連れ歓迎ホテルって、
そんなにたくさんあるわけではないので、今回、家族に人気の理由がよくわかりました。

そうそう、ホテルエピナール那須には、「チャギントンルーム」もあります。
本当はその部屋に泊まりたかったのですが、人気で予約が取れなかった!残念。

部屋にチャギントンのプラレールなどが置いてあるコンセプトルームで、
子供、絶対に喜びますよね。

夏休みには「プラレール」で遊べるイベントなどもあるらしく、
また行ってみたいです。

ただ、夏休みやゴールデンウィークはものすごく混みそうなので、
オフシーズンの方がのんびり楽しめるかもしれないですね。

▼ホテルエピナール那須の宿泊プランはこちらから見れます。

⇒   那須高原 ホテルエピナール那須

【新幹線付プラン】那須温泉 ホテルエピナール那須

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

この記事を書いた人:ペン母

2011年に42歳で出産した超高齢出産のアラフィフママです。正社員、派遣、契約、フリーランス、バイトと様々な働き方・職場を転々とした後、2003年に独立し、2007年に結婚しました。独立、結婚、出産で人生が大きく変わった自分自身の体験を通して、この混沌とした時代における『家族の在り方』を伝えていきます!

-子連れ歓迎の宿・ホテル

Copyright© わくわく子育て研究所 , 2019 All Rights Reserved.