ズーラシアで子供が遊べるスポット【遊具・アスレチック】

ズーラシア北門ちかくの大型アスレチック遊具

横浜動物園ズーラシア

 
動物を見て回るだけじゃ満足しない・・そんな子供の心を満たしてくれるのがズーラシアです。
ズーラシア内には、子供が遊具やアスレチックで遊べる広場が数ヶ所にあり、また動物と直に触れ合えるコーナーがあったりと子供を飽きさせない工夫がされています。
うちらは子供を遊ばせるのがメインで合間に動物見学な感じで丸一日コースです。
 

あえて北門から攻略する

ズーラシアの正門から入って動物園内を回るのが定番なのですが、今回は北門から攻めることにしました。
正門から出ている園内を走るシャトルバス『ズッピバス』に乗って北門へ。

ズッピバスはズーラシア名物のオカピデザインのバスで、バスの上のオカピの目がパチクリ動いてカワイイです。バス内も動物の絵が描かれていて、ジャングルチック感じになってます。
シャトルバスは、土日祝は1時間に4本、平日は1時間に2本のペースで運行しています。

◆シャトルバス料金

大人200円 小学生100円 小学生未満は無料。
1DAYパス 大人400円 小学生200円 小学生未満は無料。
ズーラシア園内シャトルバス「ズッピバス」
北門入ってすぐ色彩美しいオウムがお出迎えです。直に触れさせてもらえます。
うちのペン太もビビリながらオウムをナデナデさせてもらいました。
カラフルなオウムに触れる児童
北門入ってすぐの場所にらくだに乗れる『ラクダライド』広場があります。
ペン太に「らくだに乗りたい?」と聞いたんですが、乗りたくないと言うので今回は見学のみです。
らくだに乗れるラクダライド
北門と入ってすぐ近くの様子
ピグミーゴートに直に触れられる『ピグミーゴートふれあい広場』などがあります。


 

巨大アスレチックで遊ぶ

ズーラシアの北門から近い場所に子供が遊べる大型のアスレチック遊具が設置された広場があります。
3階建ての大きな遊具設備で、2ヵ所にトンネル滑り台が設置されています。
ズーラシア北門ちかくの大型アスレチック遊具
黄色い方の滑り台は小さい幼児でも楽しめます。緑の滑り台の方は一番上までアスレチックを登っていかないと滑れないので1回滑るごとにかなりの体力を使います。
赤いロープのアスレチックを登っていく児童
一番上まで登るとかなりの高さ。足元のネットから下見ると足がすくんでしまいます。
息子のペン太もちょっとビビってました。
大きなアスレチックの頂上付近

子供に付き合ってアスレチックの一番頂上に登ると頂上からの見晴らしが最高で、2015年春に新たにオープンされる『アフリカのサバンナエリア』が一望できました。子を持つ親の特権といったところでしょうか。
『アフリカのサバンナエリア』がオープンしたらまた行ってみようと思います。
アスレチックの頂上から眺めるズーラシアのアフリカサバンナエリアの景色
 

休憩所と子供のミニ広場

北門からのルートで『オカピ』がいる場所を過ぎると、ちょっとした休憩所があります。
そこにもちょっとした広場があり、子供を遊ばせることができます。
ログハウスのベンチでくつろぎタイム
この変な形の木に一生懸命登ろうとする子供たち。
ここには手洗い場もあります。
ここでちょっと休憩タイム。
不思議な形のオブジェが子供の遊び場に


 

 

★ちょっとここでお得な情報を★

各種レジャースポットの割引クーポンがもらえます!

プール、映画館、遊園地、水族館などなど...子連れで行きたいスポットが多数!

方法はカンタンです!yahoo関連サービスのここに登録するだけ。
↓ ↓ ↓

割引クーポンはここでGET!
デイリープラス

登録から2ヶ月無料なので、絶対お得ですよ♪

   

遊具が豪華なわくわく広場

さらにコースを南に下っていくと、広い敷地に豪華なアスレチック遊具のある広場があります。
ここは大型の遊具がメインなので、3歳以下の乳幼児が遊ぶにはちょっとキビシイ感じです。
ここでもオカピをモチーフにした遊具がかわいいです。
ズーラシア遊具広場の様子
ネットを登って砦のてっぺんへ。立ったまま登って行くのは、ちょっと難しいかな?
砦まで登るアスレチックネット
小さな乳幼児向けの遊具もあります。
ペン太が1歳の時、この遊具にお世話になりました。ここに来ると息子が小さい時を思い出すのですが、ついこの間の事の様で、月日が経つのは早いなぁと。
木馬にまたがる1歳児広場にある木製の牛さんで遊ぶ1歳児
このわくわく広場がズーラシアで一番人口密度が高い場所だと思います。
わくわく広場の周りには、屋根付きのテーブルベンチがたくさん用意されていて、自動販売機コーナーや移動販売のお店も出ていました。


 

『ころこロッジ』と『ころころ広場』

わくわく広場から少し離れた所に『ころこロッジ』という無料の休憩所とその前には『ころころ広場』が広がっています。
『ころこロッジ』には授乳室&給湯室があります。
無料休憩所のころこロッジ
『ころころ広場』では様々なイベントが開催されています。
動物とのふれあいイベントもあるので、ズーラシア入場口でチェック♪
ころころ広場でイベント開催
 

遊具のある『みんなのはらっぱ』

ころころ広場から正門へ向かう途中に、ちょっとした遊具のある広場があります。
一番最後にここで遊んで本日のシメです。閉園時間(16:30)まで遊んで息子ペン太はもうヘロヘロです。
遊具のあるみんなのはらっぱみんなのはらっぱの大テント
 

おすすめ動物見学

動物に関してあまり触れませんでしたが、動物たちもたくさん見てきました。
おすすめなのが、『アマゾン密林エリア』のヤブイヌです。
何頭か列を連ねて歩く姿がかわいくて、これまた可愛い声で鳴くんです。
息子ペン太もこのヤブイヌが気に入ったらしく、嬉しそうに見てました。
来る人来る人、みんな「かわいい~」と声をあげてました。
かなり癒されます。
横浜動物園ズーラシアのヤブイヌ
 

入場料割引券情報

「ローソンチケット」でチケットを購入すると安く買えます。
ローソン店頭に設置の『ロッピー(Loppi)』で購入できます。
大人1人の場合、600円⇒540円 と60円お得です。

また、『新江ノ島水族舘&よこはま動物園ズーラシア セット券(3ヶ月有効)』 
があり、こちらを購入するとさらにお得になってます。
大人1人の場合、2,100円+600円(計2700円)⇒セット料金¥2,160
と540円お得です。
 

レンタルベビーカー

ベビーカーが有料(500円)で借りられます。
園内は基本バリアフリーです。
ズーラシア動物園レンタルベビーカー
 
◆地図
住所:神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1

横浜動物園ズーラシアへ行ってきました。体験・感想口コミレビュー
 

27年間、大手企業に勤めた後に独立したアラフィフパパです。現在はペン母と共に育児・家事をこなしながら、子供向けの知育アニメを制作したりしています。最近は、家族で遊ぶことと、何気ない日常をカメラで撮影することにハマり中!youtubeチャンネルもよろしくお願いします!→fumikiri channel

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Sponsored Links

 

 



return top