横浜三溪園で子供が喜ぶスポット

三溪園-鯉に餌あげ

横浜 三溪園

明治39年 三溪園は実業家であった「原 三溪」さんによって、無料公開された日本庭園です。
原 三溪さんは岐阜県の出身で、岐阜県はペン父の生まれ故郷でもあるので親近感が湧いてきます。

三溪園-入口

この日は三溪園に梅を見に行こう!ということでやってきました。
ただこの三溪園には子供を遊ばせる場所がないので、退屈させちゃうかなぁと思ってたんだけど、ありました!息子ペン太が大喜びなスポットが!

鯉とカモに餌あげ
売店の前の池に鯉とカモがうじゃうじゃといるんです。
この場所で餌をあげることができます。餌は売店で販売されていて、その餌は「ふ」ですね。
その「ふ」をちぎってあげるわけです。
「ふ」をちぎって息子に渡すとよろこんで、池に投げていました。
餌を投げると、鯉がうじゃうじゃと寄ってきてピチャピチャ跳ねる光景は凄まじいです。
都会ではあまりこういった経験をさせてあげる場所がないので貴重だと思います。
三溪園-鯉に餌あげ

【動画】鯉に餌をあげる動画

池の前のベンチにいた猫に話しかけるペン太だが猫に無視される
三溪園-猫に話しかける2歳児


三溪園には大きくて芸術的な池が広がっています。
三溪園-池

売店(雁ヶ音茶屋)
売店にはおでんやみたらし団子などが販売されています。
ここのみたらし団子はペン父絶賛おすすめなんです。三溪園に来たときは食べてみてくださいね。
三溪園-売店 三溪園-おだんご・おでん
三溪園ラーメン
あっさり醤油味のラーメンです。おにぎりも一緒に注文しましょう!
寒い日はラーメンを食べて温まるのがいいですね!
三溪園-ラーメン

初音茶屋
無料でお茶がいただけます。ここでホッと一息。
三溪園-茶屋

 

★ちょっとここでお得な情報を★

各種レジャースポットの割引クーポンがもらえます!

プール、映画館、遊園地、水族館などなど...子連れで行きたいスポットが多数!

方法はカンタンです!yahoo関連サービスのここに登録するだけ。
↓ ↓ ↓

割引クーポンはここでGET!
デイリープラス

登録から2ヶ月無料なので、絶対お得ですよ♪

   

松風閣展望台
松風閣展望台からは横浜の海が見渡せます。
ここからSLが見えますね。これは本牧市民公園のD51機関車です。
三溪園から見えるSL

三溪園天満宮
天満宮と言えば学問の神様として有名ですね。
天満宮といえば、天神様、天神様といえば、菅原道真ですね。
元、間門天神として別の場所で祀られていたが昭和52年にここ三溪園へ移され三溪園天満宮と名付けられました。
三溪園-天満宮

旧燈明寺三重塔
三溪園-三重の塔

梅林
梅が綺麗でした。2月上旬~3月中旬ころまで楽しめます。2月下旬あたりが一番の見どころでしょうか。
三溪園-梅林

三溪園で結婚式
ここ三溪園では結婚式もできます。三溪園に遊びにいくと園内で撮影をしている新郎新婦の姿を良く見ます。
三溪園で撮影なんてすごく絵になりますよね。
ちなみにペン父、ペン母の結婚式は舞浜のヒルトンホテルで行いました。
三溪園-記念撮影

ベビーカーでの移動
小さい石の砂利道とか、タイヤが小さいベビーカーだと動きにくいですがなんとか移動できます。
三重塔とか展望台へ行く場合は、さすがにベビーカーだとキツイので抱っこ紐が必要です。

駐車場
有料駐車場あり。週末などは混雑する可能性大。

三溪園の地図
住所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58−1


大きな地図で見る
27年間、大手企業に勤めた後に独立したアラフィフパパです。現在はペン母と共に育児・家事をこなしながら、子供向けの知育アニメを制作したりしています。最近は、家族で遊ぶことと、何気ない日常をカメラで撮影することにハマり中!youtubeチャンネルもよろしくお願いします!→fumikiri channel

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Sponsored Links

 

 



return top