子育てコトダマ研究室

【運命好転・体験談7】今必要なのは、光の羅針盤

この記事は3分で読めます

※このページは【運命好転・体験談6】の続きになります。
まだお読みになっていない方は、始めのページからご覧ください。

【運命好転・体験談1】家出と挫折と人間不信と

 

◆光の羅針盤を持つ大人を増やしたい

光のコンパス

 

結局、私が目指していること。

 

 

それは、今を生きる子供たちに、

 

 

「大人になるってオモシロイ!

 自分もそうなりたい!」

 

 

と思ってもらえるような生き方をすることです。

 

 

それは私たち親が、子供の羅針盤となる世界です。

 

オモシロイ大人がウヨウヨいる、そんな世界を創っていきたいのです。

 

 

しかし、現代は非常に混沌とした世界です。

 

私が子供だった頃より、事態はずっと悪くなっていると思います。

 

 

活字にするのもためらいますが、国内でも小・中学生の犯罪、介護疲れの親殺し、幼児虐待など耳を疑うような犯罪、そして国外では妄信的な正義を叫ぶテロが横行しています。

 

 

この混沌・殺伐とした世の荒波の中に、私たちは一生懸命育てている子供を送り出さなければなりません。

 

 

しかし、

 

 

どうしてこんな世に

なってしまったのか…

 

 

と嘆いていても、何も始まりません。

 

 

自分が今、できる精一杯のことをするしかない、と思うのです。

 

 

そして、人生という大海原の中を、沈没することなく航海するには、進むべき方向を示してくれる羅針盤が必要です。

 

 

私にとっての羅針盤は、

 

・自分と向き合うこと(内観)

・自分の本質を知ること(運命学)

 

この2つが始まりでした。

 

 

以前の私は、今にも大海原に飲みこまれそうで、

溺れまいと、必死に泳ぐだけで精一杯でした。

 

 

でも、今は違います。

もう、荒波の中でも、たじろぐことはなくなりました。

 

 

どちらが自分が進むべき、光の方向かを、明確に示してくれる羅針盤を手にしたからです。

 

 

だから私は、そんな光の羅針盤を持つ大人たちを増やしていきたい、と思ったのです。

 

 

輝く大人が増えれば、大人の背中を見て育つ子供たちは、自然と進むべき方向がわかると思うのです。

 

 

今まさに必要なのが、この

 

羅針盤となる生き方です。

 

 

そして、あともうひとつ。

 

家族間のエネルギー循環です。

 

 

家族の間で、エネルギーがきちんと循環するためには、まず、夫婦関係が良好である必要があります。

 

夫婦関係が良好であるためには、夫と妻がそれぞれ「個人としてしあわせ」でなければいけません。

 

 

では、個人としてしあわせであるためには?

 

 

本当に自分が望んでいる人生を生きること、です。

 

 

自分の心の声(本音)を聞き、思っていることと、行動を一致させること。

自分が本当に大切にしている価値観で生きられるようになること、なのです。

 

 

運命学も内観も、そのためのツール(方法、道具)にしか過ぎません。

ただし、新たな視点を与えてくれるという点ではとても役に立つツールです。

 

 

また、内観(自己対話)は、意識の成長のためにはとても有効です。

 

 

意識が成長すれば、日常的な悩みが減ります。

 

意識が成長(進化)すれば、細かいことで悩まなくなるからです。

 

 

すると、そこにエネルギーを割かずに済むので、もっと根源的なことや本質的なことに取り組むことができます。

 

 

ささいなことや、自分自身のことで悩んでいた時間や労力を、もっと全体(公)のために使えるようになるのです。

 

 

 

すると、それが回り回って「個人のしあわせ」に繋がってきます。

 

 

不思議に思うかもしれませんが、

 

 

個人的なしあわせを

 

必死に追い求めていた時よりも

 

しあわせを実感するようになるのです。

 

 

これらは頭で考えてもわからないことですが、実際に体験した方なら、感覚的にわかると思います。

 

 

そして最後に、もうひとつ大事なことを。

 

 

家族に良いエネルギーを循環させるためのキーポイント。

 

 

それは、私たちが普段使っている

 

日本語 にあるのです。

 

 

→ 【運命好転・体験談8】日本は言霊の幸はふ国 へ続く

 

 

あわせて読みたい

  1. パートナーとの出会い
  2. 子供への接し方
  3. 高校卒業間近で家出
  4. 点と点がつながる
  5. 夫が鬱病に
  6. 育児ストレス

ブログを書いている人

コトダマ研究家&家族関係カウンセラー・広瀬

profile5コトダマ(言霊)研究家、家族関係カウンセラーの広瀬です。言葉をきっかけに人生が好転する体験がこれまで何度もあり、日本語に秘められた力を研究していく中で、日本の最高峰の叡智ともいえる言霊学に出会いました。2011年生まれの息子と共に、子育てに活かせる言霊実践中です。

RETURN TOP