あいかわ公園(神奈川)は何度でも行きたいと思った公園

ふわふわドームの全貌

★あいかわ公園★

 
新しくワンタッチ式テントも買った事だし、久々に宮ヶ瀬湖畔公園へでも行こうかと計画を立ててましたが、ペン母が「宮ヶ瀬の先に別の公園あったよね?そこ行きたい!」ということで急遽予定を変更して「あいかわ公園」へ。
あいかわ公園で遊ぶのは今回が初めて。
あいかわ公園駐車場
公園の駐車場に付いて車から降りて周りを見渡してみると晴れてたということもあり新緑がものすごく綺麗で、ペン母は「なんて素敵なところなの!」と感動していた様子。
駐車場からこの風の小橋を渡って、芝生広場のへ。
風の小橋
「うわー、めっちゃ広い!みんなテント広げてて楽しそうだよ!」
大きな芝生広場の所々に大きな木があり木陰がたくさんあっていい感じです。屋根付きのパーゴラもたくさん設置されています。
都会暮らしで自然の中でのんびりしたい人、ここは超おすすめですよ。
木陰の多い芝生広場パーゴラもたくさんある芝生広場
 
◆ふわふわドーム
芝生の広場の先に行くと、ピョンピョン跳ねて遊ぶふわふわドームがあります。
7~12歳用の大きなドームと、3歳~6歳の小さいドームに分かれています。
ふわふわドームの全貌
うちの息子のペン太も、「あれで遊ぶー!」とふわふわドーム目掛けて走っていきました。
1時間近くもピョンピョン飛び跳ねていたんですが、もう頭は汗がびっちょり。
ここは日陰がないので、夏場はこまめに水分取らせながら遊ばせたほうがいいですね。
ん~、でも夏場はどうなんだろう?トランポリンが熱くならないのかな?
ふわふわドーム型トランポリン
お弁当タイムは、木陰でのんびり。
でもペン太はご飯の時もじっとできません。。
おにぎりを一口頬張ると芝生の広場を裸足で行ったり来たり。
芝生広場でお弁当
 
★じゃぶじゃぶ池
子供が水遊びができる様に作られたじゃぶじゃぶ池。パークセンターの前にあります(芝生広場側)
深さは、ペン太の膝より下あたりなので15センチほどでしょうか。
最初はおとなしめに遊んでいたペン太ですが、まわりのお友達に影響されてバシャンバシャンはしゃぎまくって頭までびしょ濡れに。
じゃぶじゃぶ池で遊んでいる様子
 
◆ふれあい橋
芝生広場の一番奥にこの橋を渡るエレベーターがあり、
この橋を渡ると、あいかわ公園郷土資料館とキッズが工芸体験できる工芸工房村の建物があります。
ふれあい橋
◆あいかわ公園郷土資料館
愛川公園郷土資料館
◆工芸工房村
この建物内には、売店がありソフトクリームなどが買えます。
工芸工房村の建物
 
◆冒険の森
本格的なアスレチックや、ローラー滑り台、壁の迷路などがある小学生以上向けの広場です。
あいかわ公園冒険の森
★ローラー滑り台
ここのロングローラー滑り台は人気の様で、みんなヒップソリを持って公園内を歩いているファミリーがたくさんいました。
うちらもヒップソリを持参していったので早速、親子でこのロング滑り台に挑戦です。
途中途中でスピードを落とす作りになっているので、びっくりする様なスピードは出ません。
ロングローラー滑り台全体ロングローラー滑り台で遊ぶ3歳児
★巨大迷路
ひときわ目立つのがこの巨大ツリー。一応6歳からとなっています。
ペン太がどうしてもこれに登りたいというので、仕方なくペン父が一緒に登ることに。
巨大ツリー型アスレチック
らせん状にロープネットを登って行くんですが、ペン太でもスイスイ登れてしまいます。でも高さがあるのでちょっと恐いです。
巨大ツリーに登る親子
巨大ツリーの中間点に、壁の迷路に繋がる網のトンネルがあります。
巨大ツリーに繋がる網のトンネル
★壁の迷路
アスレチック要素のある迷路。
迷路と言っても、迷路じゃない。迷路風な作りになってます。
壁に登ろうとすると、監視委員さんに「危ないので壁に登らないでください!」と注意されます。
壁の迷路のてっぺんアスレチック風壁の迷路
★ターザンライド
ターザンロープの進化型。
直線型のターザンロープはよく見るんですが、ここのはカーブしています。しかも距離が長い!
ターザンライド
★林間アスレチック
山の斜面に設置されたアスレチック。かなり長いコースになっています。
林間アスレチック
 
◆パークセンター
パークセンター内にはちょっとした売店があり、アイスなどが買えます。
公園のパンフレットなども置いてあるので、初めて公園に来た人はここでパンフレットを貰うといいと思います。
パークセンター内の様子
小さい幼児がハイハイして遊べるスペースもあります。
赤ちゃんハイハイスペース
パークセンター内には授乳室もあります。
あいかわ公園パークセンター授乳室
 
◆噴水広場
パークセンターの前の噴水広場。ここも水遊びスポット。
噴水広場で水遊び
 
◆ロードトレイン
宮ヶ瀬ダムまで連れて行ってくれる「愛ちゃん号」
SLバスの愛ちゃん号
 
◆駐車場
普通車1日400円(4月~11月までの土・日・祝日、夏休み期間)
 
◆地図
住所:神奈川県愛甲郡愛川町半原5423

27年間、大手企業に勤めた後に独立したアラフィフパパです。現在はペン母と共に育児・家事をこなしながら、子供向けの知育アニメを制作したりしています。最近は、家族で遊ぶことと、何気ない日常をカメラで撮影することにハマり中!youtubeチャンネルもよろしくお願いします!→fumikiri channel

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Sponsored Links

 

 



return top