碓氷峠鉄道文化むら(群馬県安中市)は幼児連れの家族旅行におすすめ!

img_0913.jpg

数年前からずっと気になっていた「碓氷峠鉄道文化むら」に行ってきました!


ここは鉄道のテーマパーク。

鉄ちゃんだけでなく、電車好きの子供なら1度は連れて行ってあげたい場所です。

本格派のスチーム式ミニSLはもちろんのこと、ミニではない本物のアプト式機関車や、手で動かすトロッコ列車などに乗車できます。

日本全国のミニ鉄道に乗りに行く!

という目標がある我が家にとっては、特に魅力的な場所。


入園料を受付で支払って進みます。入園料は、大人(中学生以上)500円、小学生は300円でした。未就学児は無料です。

正面に何やら楽しそうなものが見えて来ました!ワクワク🎵


入口を入るとすぐに、小さい子(幼児)向けのコイン式遊具がたくさんありました。

トーマスやアンパンマン列車、他にもいろいろ。1つの場所にいくつも集まっているのが圧巻です。

2〜4歳くらいの幼児ちゃんは、目移りして、アレもコレも乗りたくなりそう。


コイン列車ではなく、なぜかパンダのライド遊具に乗って喜ぶ、うちのペン太(現在6歳)…。

コイン式列車の広場から先に進むと、こんなのも置いてありました。

新幹線保線用と書いてあります。

動かないのですが、実際に使われていたものらしく、運転席に座って遊ぶことができます。

さらに進んだ先の方に、ミニSLの駅があります。自販機でチケットを買って、列に並びました。

 

★ちょっとここでお得な情報を★

各種レジャースポットの割引クーポンがもらえます!

プール、映画館、遊園地、水族館などなど...子連れで行きたいスポットが多数!

方法はカンタンです!yahoo関連サービスのここに登録するだけ。
↓ ↓ ↓

割引クーポンはここでGET!
デイリープラス

登録から2ヶ月無料なので、絶対お得ですよ♪

   

この日はそれほど混んでいなかったのか、あまり待たずに乗れました!

料金は大人(中学生以上)200円、子供(4歳以上小学生まで)100円です。

現役を引退した列車を眺めながら、広い原っぱの中を一周します。

石炭と水で走る、ライブスチームの本格派ミニSLに2回乗った後、アプト式の機関車(あぷとくんという名前が付いてる)にも乗りました。

ミニSLは風を感じて気持ちよかったですが、あぷとくんの方は、室内がちょっと蒸し暑かった!

扇子を持っていたので、ずっと仰いでましたが、夏の乗車は暑さ対策が必要ですね。

乗車後は、ちょうどお昼時になったので、有名な峠の釜飯を買って食べました。

敷地内に峠の釜飯専用の売店があります。

この釜飯を食べるのは初めてのペン太。美味しいと言いながら、ペロリ。


食事をしたのは、展示されていた列車の中です。お座敷列車になっていて、気分が盛り上がります。

他の家族連れも、釜飯を食べてる率が高かったです。

目の前には山が見えたり、緑いっばいの敷地内に列車が展示されていて、とにかく景色がいいです。

なんともいえない解放感!

ほとんどの展示列車の中に入れます。

この画像は昔の食堂車。

他には、寝台列車なんかもありました。(写真撮り忘れて残念…)

碓氷峠鉄道文化村、想像以上に楽しい場所でした!幼児ちゃんから、小学校低学年くらいまでの乗り物好きな子なら、かなり遊べます。

ミニSLやあぷとくんの写真や動画は、後ほど掲載予定です。お楽しみに🎵
***

youtubeのチャンネルもやってます!こちらも応援よろしくお願いします。

https://m.youtube.com/user/Thepentamax

2011年に42歳で出産した超高齢出産のアラフィフママです。正社員、派遣、契約、フリーランス、バイトと様々な働き方・職場を転々とした後、2003年に独立し、2007年に結婚しました。独立、結婚、出産で人生が大きく変わった自分自身の体験を通して、この混沌とした時代における『家族の在り方』を伝えていきます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Sponsored Links

 

 



return top